渋谷区円山町、原作者

渋谷区円山町、原作者

映画「渋谷区円山町」で注目された渋谷区円山町は、
映画を見た、若い方々が、映画に出演した若者たちの様に円山町界隈を闊歩したり、

映画のシーンに使われた場所を散策したり、一躍脚光を浴びる街となりました。

 

映画「渋谷区丸山町」は漫画家「岡崎真里先生」が執筆した漫画「渋谷区円山町」が、
原作となります。

漫画、映画共タイトルは「渋谷区円山町」、ここを舞台に描かれた短編集なのですが、
円山町はラブホテル街の代名詞、円山町を訪れる目的は皆一緒、

大概が一過性のメイクラブと、なってしまいそうな雰囲気を感じますが、
一過性の感情にさえ、渋谷区円山町と言う街は、優しさを感じられる…だから甘えに来る…

漫画「渋谷区円山町」を読んで色々な情景が浮かびました。

 

岡崎真里先生の漫画は、「渋谷区円山町」他、「サプリ」「12ヶ月」「やわらかい殻」が有名ですが、「セックスのあと男の子の汗はハチミツのにおいがする」はタイトルにインパクトが有りすぎて、購入し辛い状況も有った様ですが、タイトルとは裏腹に、
これまでの岡崎真里先生の作品の中では、非常にガーリー系な一冊だといわれます。

 

岡崎真里先生の作品は映画「渋谷区円山町」でも、心の移ろいや感情が豊かに
明確に示される場面が多く、漫画からも映画からも心情が豊かに感じ取れます。