映画「渋谷区円山町」について

映画「渋谷区円山町」

「渋谷区円山町」と言う映画は、榮倉奈々、眞木大輔、仲里依紗、原裕美子、ふかわりょう、
三輪ひとみ、細田よしひこ、中村優一他、颯爽たるキャストで綴るほろ苦い青春ストーリー

なのですが、映画話題度ランキングでは今現在はTOP100圏外です。

 

2006年「渋谷区円山町」製作委員会発足、2007年3月17日渋谷Q-AXシネマ他で
公開、当時は劇場鑑賞券のプレゼントや、試写会招待など、なにかと注目を集めた

渋谷区円山町でした。

 

ストーリーは臨時教師として赴任した教師と、女子高生の話なのですが、
女子高生同士が興味本位で渋谷区円山町のホテル街を探索中、

赴任してきた臨時教師が女性と居る現場を偶然目撃します。
翌日から臨時教師の事が気になり始め、悶々と過ごす女子高生なのですが、

この辺りでは恋してしまったのでしょうか。

 

可愛い嫌がらせを、臨時教師に向け始めたのです。
渋谷区円山町に足を踏み入れた時から絆で結ばれて行く…渋谷区円山町の映画で

渋谷区円山町の雰囲気が味わえますが、微妙な心理状態に誰もが共感出来ると思います。

 

渋谷区円山町は一躍有名になりましたが、元はおかざき真里先生の作品で
「Cookie」(集英社)に、連載されていたコミックを元に映画化されたものです。